めめこのつぶやき@Sweden

スウェーデンでのんびり暮らしているめめこです。日常生活やスウェーデンでの仕事、育児などマイペースにつづって行きたいと思います。

2015-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実習とノーベル賞と

先々週から待ちに待った(?)実習が始まりました。整形外科の手術室での4週間の実習です。

日本で手術室で働いてたのはわずか2年しかも15年以上前の話なので、何もかも新鮮で興味深い。

日本では手術室で勤務するのに特別な教育プログラムを受ける必要はなく、普通の看護師免許でオッケーですが、
スウェーデンの手術室看護師は1年の専門看護師のコースを受ける必要があります。
このコースを終了すると、Magisterという学士号と修士号の中間にあたる学位がもらえます。
Mgisterはスウェーデン特有の学位なのかなあ?日本とかアメリカにはないですよね?

今回の実習は4週間。ドレーピング(患者さんに滅菌シーツをかけて手術する場所だけを露出する作業)に苦戦してます。
昔働いてた病院では、ドレーピングは外科医がやっていたので、ただシーツを渡してれば良かったけど、
一人で患者さんの皮膚を消毒して、シーツをきれいにかける(と言うよりは余計な部分に触らないようにしながら貼り付ける)
のは私にとって難しい…。
しかも整形の手術毎回手術するからだの部位が毎回異なるので余計難しいです。

驚いたのが、ほとんどの手術は外科医が一人だけでやってるってこと。(他の科はわかりませんが)
先日人工関節置換の手術に入ったのですが、それも外科医は一人だけでした。
そうなると、器械出しについてる看護師は手術自体のアシスタントもしながら器械だしもしてってすごいマルチタスク!
私にできるようになるんだろうかって不安になったわ。

そういえば、先日絶対落ちると思った病態生理学と薬理学の試験、なんとかパスできました。
病態生理学なんか、0.75点差でなんとかギリギリの合格でした。
いいんです。可は可だから。追試が免れただけで御の字です。


ところで、ノーベル賞の季節ですね。
今年は北里大学の大村先生が受賞されて、卒業生の私としては本当に誇りに思います。
北里すごいじゃーん。(いや、大村先生がすごいんですね)
明日カロリンスカの大学で講演があるそうで、行きたかったなあ。
実習サボって行っちゃおうかしら。
スポンサーサイト

 | HOME | 

FC2Ad

 

カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

めめこ☆

Author:めめこ☆
めめこ
ちょっとシャイな
茨城県出身。
この世で一番好きな食べ物は
刺身とスイカ。
スウェーデンでも食べられるのかなあ・・

ランちゃん
めめこの夫。
120%ポジティブな性格。
口から生まれたであろう、
おしゃべり大好き人間。
“Life is Beautiful”が座右の銘。

めめ太
めめことランちゃんの長男。
2009年夏生まれ

ポン
めめことランちゃんの長女。
2011年1月生まれ

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


スウェーデン子育て日記

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。