めめこのつぶやき@Sweden

スウェーデンでのんびり暮らしているめめこです。日常生活やスウェーデンでの仕事、育児などマイペースにつづって行きたいと思います。

2010-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病気ばっかり・・・・

Dagisに通うようになって、病気ばっかりしているめめ太。

風邪をもらってきて、ようやく良くなったかと思ったら、
嘔吐下痢症、それが終わったらまた風邪。

そして、なんとかDagisにいけるくらい回復してやれやれと思っていたら、
また高熱。その後ずっと風邪気味が続いてたけど、
月曜から結膜炎の症状が・・・。

今日病院に連れて行ったら、やはり結膜炎で今週一杯はDagisを休むようにと。

Dagisが始まったら、病気はするだろうなとは予想してたけど
毎週のように風邪、病気をして、Dagisに入れるのが早すぎたんだろうか。
めめ太がかわいそうになってしまいます。

でも、めめ太はDagis大好きで、Dagisに行く時は笑顔で出かけるし、
私と二人で家にいたら、できないような経験も沢山出来てるから
(森に散策に行ったり、クラスメートのお誕生日会が毎月あったり)
めめ太にはいい刺激になっているとは思うんですけどね。


私も、めめ太が病気をするたびに、学校を休まなくちゃいけなくて、3分の1以上は確実に休んでいると思う。
グループワークなんかも結構あるので、同じグループの人に迷惑かけるなと
罪悪感もあり。(まあ、あんまり気にしてないかもしれませんが)

子育ては、なかなか思うようにいきませんな。
具合が悪くてずっとぐずってるめめ太を抱っこしながら、
「これは子育て修行か?」と心の中で呟いてる今日この頃です。

2月の初めにぽんちゃんが生まれたら、年子の子育てちゃんとできるんだろうか・・・
ちょっと不安です。
スポンサーサイト

Dagis冬支度

ここ最近ずいぶん寒くなってきたスウェーデン。
少し前にめめ太の通っているDagisから冬支度をしてねとのお達しが。

SDC12614.jpg

耳まですっぽり隠れる帽子
オーバーオール
冬用ブーツ
室内用の厚い靴下(床が少し冷たいので靴下の上から上履きみたいに履くみたい)
お昼寝用のあったかいソフトシューズ

前にも書いたけど、Dagisのお昼寝はお昼寝用のベビーカーに乗って
外でしてます。
そりゃ外で寝るなら、あったかいソフトシューズも必要だよね。

SDC12603.jpg

でも、このオーバーオール着てると、着ぐるみ着てるみたいに
ぎこちない動きになって、転ぶとなかなか起き上がれない
めめ太なのでした。

チョコミント~

この間チョコミントのアイスクリームが突然食べたくなって

ランちゃんに仕事帰りに買ってきて!とお願い

期待して待っていたのに、奴が買ってきたのはミント&イチジクペーストのなんとも
中途半端なアイスクリームだった・・・・
(あっ!でも結構おいしかった

チョコミントって言ったのに~。とブースカ言ってると、
ランちゃん曰く探したけどなかった・・・と。

え~チョコミントなんてバニラ、チョコ、ストロベリーと並ぶくらい基本的な味でしょ?
売ってないはずがない!

次の日大きなスーパーで自分で探してみたんだけど(←そこまでして食べたいのか??)
ない!ない!やっぱりなかったチョコミントアイスクリーム

スウェーデンでは、チョコミントはアイスの基本味じゃないんでしょうか?
ハーゲンダッツとかなら出してそうな気がしたんだけどなあ。

だれか、スーパーで買えるチョコミントのアイスクリーム知りませんか?

夜間救急診療初体験の巻

先週末から高熱が出ていためめ太。
Dagisに通うようになって、病気ばっかりです。
こんなに頻繁に具合が悪くなるとは、予想以上だわ。

39度後半の熱がでても、水分はとれているし食欲もわりと元気もあったので
しばらく解熱剤を使わずに様子を見ていましたが、高熱が続くので
2日目から解熱剤シロップをあげ始めました。

解熱剤が効くと38度まで熱が下がるけど薬が切れるとまた上がるを
繰り返して、3日目の夜には40.8度まで上がってしまったので、
念のため24時間やっている電話相談に電話しました。

そこで40.5度を超えるようなら、たとえ元気があって水分が飲めて
食欲があっても、救急に連れて行った方がよいと言われ
車で15分程度の大学病院の救急外来へ。

正直言って、電話で受診するように言われなかったら、そのまま
家で様子見ていたかも・・・
夜間救急は数時間待ちが当たり前だと聞いていたし、
高熱があってもぐったりした様子がなかったので。
電話してよかった。

スウェーデンでの初めての夜間救急でしたが
予想に反して待ち時間はほぼゼロ。

すぐに血液検査と、喉の細菌検査をしてもらえました。
尿検査もするとのことで、おしっこ袋を装着したんだけど
(まだおむつなので、普通に採尿できないので)
タイミング悪く1時間待ってもおしっこしてくれず、検査できずじまい。

医師の話では細菌は見つからなかったので、ウィルスによる熱かなと。
尿道感染、腎盂腎炎とかの可能性もあるけど、おしっこするときに
痛がって泣いたりなどがないので、大丈夫でしょうと。

尿検査ができればよかったけど、なかなかおしっこが出ずにずっと
おしっこ待ち(笑)をしてる私達をみて不憫に思ったみたい。

結局、薬は市販の解熱剤を継続して使うように指示され
2-3日経っても熱が下がらないようならまた受診してねとの事。

市販の解熱剤はアセトアミノフェン系(4回/日まで)を使っていたんだけど
イブプロフェン系のと交互に使えば、4時間おきに6回/日まで使えるから
とアドバイスをもらった。
同じ効能だけど、成分が違うから大丈夫と言っていた。
ふーん。そうなんだ。一つ勉強になりました。

病院を出る頃には午後10時近くになっていたんだけど、
近くの10時まで開いてる大型スーパーに
駆け込んでイブプロフェン系の解熱剤を購入。

1年前くらい?に薬局が国営の独占から、私営の物に代わったのだけど、
国営の薬局しかないときには夜10時に薬を買うのは不可能だったろう。
いや、ストックホルムの中央駅の所に1件だけ夜間開いてる薬局があったかな。
でも、以前よりも市販薬を買いやすい環境がありがたく感じた夜でした。

その後2日くらいでめめ太の熱はすっかり下がり
元気になりました。
でも、また今日鼻水たらしているのを発見。
どうか、酷くならないでくれ~~。

初雪?

ここ最冷え込んできたスウェーデンです。

朝車に乗ると、外気温表示が1℃とかになってて車の中も冷え込んでる~。
もうすっかりダウンジャケットを着込んでおります。

今日の夕方一瞬雪がチラチラとしましたね。
雪っていうか、粒がはっきりしててパラパラってかんじだったから、あられかな?
ほんの5-10分の間だったけど。

ああ、これから長い冬に突入なんですね・・・
まあ冬は冬でいろんなお家の窓辺にキャンドルがともってたり、
可愛いライトが飾ってあったりしてそれはそれで
楽しめるのだけど。

スウェーデンに初めて旅行で来た時は冬で、カーテン開けっ放し
でお家の中が丸見えなのにビックリしたのを思い出しました。

暗くなるとカーテンかブラインドを閉めないと
落ち着かな私は、まだスウェーデンになじめてないのかも(笑)

スウェーデンの医療システム

少し前、学校の授業で、スウェーデンの医療システムの話がよくありました。

高福祉と言われているスウェーデンだけど、医療システムの面では
結構問題あるんじゃないかなあと個人的には思う。

そのひとつに、専門医にすぐ受診するのが難しいということ。

具合が悪くなったときにはまず、ホームドクターのいる地域の診療所に電話し受診の予約。
直接行っても、見てもらえないので電話で予約が必要。

そこでホームドクターが専門医に診てもらう必要があると判断すれば
紹介状を書いてくれ専門医に受診という流れになるのです。

が・・・・

その専門医に受診できるまでの待ち時間が半端じゃなく長いのです。

例えば、学校のクラスメートは息子さんが喘息かもと言われ専門医に紹介状を
書いてもらったけど、専門医の受診日は5カ月後。
その間に、風邪とか引いて喘息の発作が起こったらどうすんだい?と思ったら、
その時は、優先的に専門医に受診させてもらえるらしい。

でも、5か月はないだろう・・・と思ってしまうのですよね。

授業で習った中に、スウェーデンにはVårdgaranti(医療保障?)というシステムがあって、

医療ケアが必要になってVårdcentral(地域の診療所)にコンタクトを取った時点から、

① 0日以内(同じ日)に看護師と話せること
② 7日以内にホームドクター(一般医)に受診できること
③ 90日以内に専門医に受診できること(専門医の診断が必要な場合は)
④ 90日以内に専門医による治療が始まること

の保証がされているらしい。

でもさ、クラスメートの息子さんの事をみても、そのシステムスムーズには
機能していないように思える。

というか、専門医に診てもらうまで数カ月待たなくちゃいけないっていうのは
手遅れになる可能性だってあるんじゃないのかな?
それに、必要を感じているときにケアがされないっていうのは心もとない。

こんな感じなので、こんなに待ってられないと思う患者さんなんかは
他の国へ治療を受けに行く人もいるみたい。

スウェーデンの高福祉の面ばかり強調されて、こういう事は
日本ではあんまり紹介されないんでしょうね・・・・

妊婦健診

1回目は妊娠8週の時。

*体重測定
*尿検査
*妊娠中の食事についての話

それプラス、今回は妊娠初期に出血が続いたことを伝えると、次の週にドクターの診察予約をとって
くれました。


2回目の健診は妊娠9週の時

ドクターの診察・・・

って言っても、エコーの器械があるわけじゃないから、

私「妊娠初期に出血があったんですよね~。でも今は出血止まってます。この間出血が心配で行ったプライベートのクリニックでエコーをとってもらったら心拍が確認できました。」

Dr「そう。じゃあ問題ないわね~。」

でお終いです。もちろん内診もなし。
なんのこっちゃ?

そのあと助産師さんの健診で

*貧血、血糖の検査
*出生前診断の予約(35歳以上だと無料で受けることができる)
*18週で受けるエコーの予約(違う施設に受けに行く)



12週の時に、出生前診断を違う施設に受けに行った。
事前にしてもらった採血の結果と、その日受けたエコーでの結果を
合わせて、最終的な結果がでた。

なかなかエコーをとってもらう機会がないから、貴重!
すっかり人間ぽくなっていて感動。



18週で通常のエコーをとってもらうために違う施設に行く。
時間ぎりぎりだったので、超焦って行ったのに、手違いで予約が入っていなかった。

担当の人がいい人だったから特別にと時間を割いてエコーやってもらえてよかった♪


そしてMVCでの3回目の健診は妊娠21週の時。

*血圧測定
*ドップラーでの胎児心拍測定
*尿検査

のみ。尿検査も、最近お腹が張ることが多くて心配と言ったら
尿路感染がないかどうか見るのに一応やっておこうかと言う感じで、
これで健診終わり??っていうくらいあっさり終了。

ウロチョロ動きまわるめめ太を連れて大変な思いして行ったのに。
こんなことなら家でも血圧測れたよ!って
内心悪態をつく。


次の健診は25週の時だって。



今回の妊娠で担当になった助産師Aさん。
なんか事務的で好きになれないんだよなあ。

おなかが張って心配と相談しても、どれくらい張るのか、どんな時に張るのか
とか確認もせずに、「こども(めめ太)を抱っこし過ぎなんじゃない?」と決めつけ
そして、これ以上聞いてくれるなオーラを醸し出す。

はあ。この人にずっと健診してもらうのかと思うとちょっと憂鬱。
めめ太の時の助産師さんマリーの方がよかったなあ。



 | HOME | 

FC2Ad

 

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

めめこ☆

Author:めめこ☆
めめこ
ちょっとシャイな
茨城県出身。
この世で一番好きな食べ物は
刺身とスイカ。
スウェーデンでも食べられるのかなあ・・

ランちゃん
めめこの夫。
120%ポジティブな性格。
口から生まれたであろう、
おしゃべり大好き人間。
“Life is Beautiful”が座右の銘。

めめ太
めめことランちゃんの長男。
2009年夏生まれ

ポン
めめことランちゃんの長女。
2011年1月生まれ

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


スウェーデン子育て日記

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。