めめこのつぶやき@Sweden

スウェーデンでのんびり暮らしているめめこです。日常生活やスウェーデンでの仕事、育児などマイペースにつづって行きたいと思います。

2018-02

やっぱりvårdcentral 

ブルガリアの黒海ビーチで夏休み満喫中のめめこです。
普段、気持ちと時間に余裕がなくほったらかしのブログですが、今日は海を眺めビールを飲みながらのんびりブログの更新(笑)
もっと他の事しろよっていうツッコミが聞こえて来そうですが…(汗
さてさて今日のお題はvårdcentral (スウェーデンで一般的な地域診療所)。
地域に沢山あるVårdcentral、受診したい時に受診できない、予約の電話をしても数日家で様子を見るように言われ予約も入れてもらえないなど、結構市民からの不満も多いのです。特にいつでも直ぐ受診できる日本に比べると非常に不便だと思います。
ぽんちゃんが月に2、3回くらいの頻度で目が霞むと言い出して数ヶ月。これは念のため目の検査しておいた方がいいかなあと思いvårdcentralに電話したのが6月の初旬。そして予約が入れられたのが7月中旬。もちろん急ぎの件でないので、1ヶ月半の待ちはこんなもんだろうと言う感覚(笑)
そして予約の日にvårdcentral に受診に行くと医者は目の検査をするでもなく、眼鏡屋にいる検眼士に行けと。
最初からvårdcentralの医者に詳しい検査をしてもらおうと思ってた訳でなく、眼科医にremiss(紹介状)を書いてもらうために行ったのに、眼鏡屋に行けとは…
眼科医にRemissを書いてもらえるように粘ったのだけど、眼鏡屋の検眼士が検査して眼科医に受診が必要と判断したらremissを書いてくれるからと説得されて(本当かしら??)しぶしぶ退散。

翌日検眼士の所に行くと8歳以下は検眼士が検査する事は出来ないので、眼科専門の病院に電話しろと。そしてその専門病院に電話したら、vårdcentral のremissがないと受診が出来ないと。
たらい回し感たっぷりですよ。
あぁーやっぱりだ。やっぱり。こうなるんじゃないかと思った通りの展開でした。
結局vårdcentralに電話したら、会った医者は休みなので後日電話をくれるとの事。後日電話で経緯を説明してremissを書いてくれる様にお願いすると。「あらーそうだった?検眼士が子供を見てないなんて知らなかったわ」って…
スウェーデンの医療システムや医療従事者、良い所も沢山あるけど、悪い所不便な所も沢山。
こんな事は日常茶飯事なので、もう慣れてしまったわ。特に夏は皆バケーションとってて医療現場も代替の人が多いのでしょうがないかと思う今日この頃。
でも急を要するような病気や怪我の時は本当にシャレにならない事もあるので要注意。
スポンサーサイト

2016年と2017年

明けましておめでとうございます。

スウェーデンはまだ大晦日ですが、日本はもう年が明けましたね。

今日は大掃除の残ってた部分窓拭きなどして、洗濯に明け暮れ、食料品の買い出し行ってと、あんまりゆっくりできなかったな。

でも早めにみんなでサウナに入ってもうパジャマになってるので、これからはインスタントの(笑)年越しそばでも作ってゆっくりします。

2016年は色々な変化があった年でした。一番大きかったのは、2015年の夏から始めた手術室専門看護師のプログラムを無事終えて、新しい職場に8月から転職した事。

一杯一杯の毎日でした。自分のキャリアアップとしてはすごく頑張ったし自分を褒めてあげたいけど、その分家庭、子供達にかける時間と努力が随分おろそかになった年だったかな。

という事で2017年は、もう少し仕事と家庭のバランスをうまく取ること、家族のために精神的な余裕をつくることが目標です。


ランちゃんはいつも文句を言わずに私をサポートしてくれて、子供達にも溢れるほどの愛を注いでくれる。こんないい旦那はいないと思う。もっと感謝の気持ちを伝えないとだな。

めめ太は小学校1年(日本で言うと2年生)に進級し、めめ太のペースでしっかり成長してるし宿題も自分からすすんで頑張りました。ゆっくりでも成長を見せてくれすごく頼もしい。

ぽんちゃんは2017年の夏から小学校0年生(日本で言う1年生)に進学です。口達者なところはパパそっくりで、口ごたえが多いけど(笑)まだまだ甘えんぼです。

2017年も家族みんな健康で楽しく暮らせるように頑張りましょう。

お金がかかるわ~

12月に入り今年も残すところ僅かになりましたね。
11月に大雪が降ったけどその後はパラパラ雪が降るくらいで気温さがっても−3℃くらいでしょうか。
この季節子供の外遊びに欠かせないのが防寒着。大体つなぎのスキーウェアみたいなのと、冬用のブーツを使用してるんですが、結構高いんですよね。
防寒具を新調するだけで、軽く一人分1万5千円以上はかかる。去年のは着れない事ないけどきつい感じなので、予備に回して…と結局毎年買わないと追いつかない感じ。
数年前までめめ太のお古をポンちゃんにあてがってたんだけど、ポンちゃんから「この色はやだ」と拒否され、一昨年くらいからは毎年2人分だよ。
お金かかるわ~。

大雪

今週はストックホルム全域で大雪が降り、市内の交通が麻痺して大変だった。
一番ひどかった水曜日は、車で家に帰り着くのに2時間半かかったし(普段なら20分)、途中で立ち往生しちゃってる車、トラックが何十台もあちこちにいて自分の車もはまっちゃったらどうしようと恐る恐る運転して疲れた…
病院でも雪の影響を受けて大混乱。
雪で患者さんが来られないとか、交通が麻痺しちゃってるにで、退院予定の患者さんが家に帰れない→病床数が足りなくなり手術予定の入院患者を受け入れられないなどの理由でキャンセルや保留になる手術が相次いだ。
手術の順番をずっと待ってた患者さんもいるだろうに気の毒だわ。
確かに例年にない大雪だったけど、北欧なのに雪には弱いんだ~と意外に思った1週間だった。
週末は天気もよくなり、雪遊び日和。子供達もソリ遊びを堪能した。


私の常識はスウェーデンの常識ではない??

ここ数日朝の支度をしている時ポンちゃん毎朝毎朝サングラスを持って行くと言って聞きません…
保育園でサングラスなんて必要ないでしょ。お友達と取り合いになったり、なくしたりするからダメ。と言い聞かせても毎朝ぐずられるとイライラ😠
そこで今朝は「じゃあ先生に聞いてみなさい!」→当然保育園には自分のおもちゃ持ってきちゃダメよと言ってくれると信じて疑わなかった。
先生「もちろん持ってきていいわよ~。でも使うのは外で遊ぶ時だけよ。」
ええ??いいんですか、サングラス??
白人の色素の薄い瞳には小さい頃からサングラスが必須ってことなのかな。
っつうかポンちゃんもめめ太も黒い瞳だから別に必要無いとは思うんだけどね。でもお友達がしてれば自分もしたいと思うわな。
ポンちゃんに「ママが間違ってたよごめんね」と謝ったけどご立腹でバイバイのハグもしてくれなかった😓
自分の常識って世界の常識でない事を痛感した出来事でした。

 | HOME |  次頁へ移動する»

FC2Ad

 

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

めめこ☆

Author:めめこ☆
めめこ
ちょっとシャイな
茨城県出身。
この世で一番好きな食べ物は
刺身とスイカ。
スウェーデンでも食べられるのかなあ・・

ランちゃん
めめこの夫。
120%ポジティブな性格。
口から生まれたであろう、
おしゃべり大好き人間。
“Life is Beautiful”が座右の銘。

めめ太
めめことランちゃんの長男。
2009年夏生まれ

ポン
めめことランちゃんの長女。
2011年1月生まれ

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


スウェーデン子育て日記

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

カテゴリー