めめこのつぶやき@Sweden

スウェーデンでのんびり暮らしているめめこです。日常生活やスウェーデンでの仕事、育児などマイペースにつづって行きたいと思います。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大失敗

何を大失敗したって?

ランちゃんの散髪…

最近買った家庭用バリカンでめめ太の頭とランちゃんの頭をお家で散髪し始めたのです。

バリカンを買う前は絶対にぼくの髪の毛を切らないでと拒否し続けたランちゃんなんだけど、めめ太の散髪具合を見てまあ、少し試してみようと一回目の散髪は気になっていた耳周りと後ろだけやったんです。

一回目はとっても満足のいく仕上がりで、先日の二回目の散髪はノリノリだったんだけど…

前を切りすぎちゃいました

切り終わるなりワックスを片手に鏡とにらめっこ。

ああわかるわ~。
私も美容院で気に入らない髪型にされたら、速攻でワックスでなんとかならないかって鏡とにらめっこするもの。

ごめんよ~。

次は気をつけるよ。(ってつぎもあるのかなあ?)
スポンサーサイト

5 love languages

ランちゃんと結婚した時にお友達からもらった本

「The5Love Languages」

この間ふと読み返してみた。

本の内容はそれぞれ愛情表現の仕方が違うし、人からどうされたら
愛情を感じるのかも違うと言った内容なんだけど、
ランちゃんと私はまさしく違うタイプ。

ランちゃんはとにかく「I love you」を何度も何度も言うことで
愛情表現をするし、私にも「I love you」と言って欲しいらしい。

でも、両親が言葉でのストレートな愛情表現をしないのが当たり前の日本の家庭で
育った私にとっては、1日に何十回と言われると

うるさい・しつこい・返事するのが面倒くさい

と3拍子そろってしまうのです。
ランちゃんごめんよ。

そんな私は、「ありがとう」と言われたり家事を手伝ってくれると愛情を感じるので、
愛情表現するにも感謝の気持ちを伝えることが多いかな。

ランちゃんは一生懸命「I love you」を言い、私は一生懸命
「ありがとう」と言い、でもお互いに相手から愛情を感じられない
すれ違いのことが多かったのです。

ある時、私は「I love you」より「Thank you」って言ってくれた方が
愛情を感じるからそうしてくれとリクエストしてみたら、
ランちゃんは努力してくれてます(笑)
私も努力せねば。

自分がどんなLove Languageのタイプなのかアセスメントできるサイト↓
やってみると結構面白いです。

http://www.5lovelanguages.com/assessments/love/

ランちゃんの交流術

「今日ね、日本人をいっぱいみかけたよ

ある日ランちゃんが嬉しそうに報告してくれました。

ストックホルムの中でも観光スポットとして有名なガムラスタンを
歩いてたところ、日本人観光グループに遭遇したんだって。

PICT0251.jpg

ガムラスタンはこんな感じ↑。
石畳のきれいな街並みです。王宮とか古い教会とかあるところです。

嬉しそうに報告するからには、なんか交流があったんでしょ

ランちゃんは根っからの社交好き。そして人を笑わせようとするのも大好き。
日本に来てまだ日本語が全然できない時でも、冗談を飛ばしてました。

でも、飛ばされた方は理解できないから、
私の「今のは、これこれこういう冗談です(笑)」っていう通訳付き$爆笑
し・か・も、
場違いな所でいきなり冗談を言うことも多いので、恥ずかしい思いをしたこと数知れず・・・

冗談がうけても、引かれても一向に気にせず、日々精進するランちゃん。
ある意味、尊敬します。

だからこそ、言葉を覚えるのが早いんだね~。
(ランちゃんは7ヶ国語しゃべります(注:自己申告))

おっと、話がそれました。

ランちゃんが日本人観光客とコミュニケーションがとりたくてウズウズしていた時
一人の日本人のおじさまが赤信号で横断したそうです。
(この辺りで赤信号で渡ることは、珍しい事ではないようです)

そこですかさず、
「オトウサ~ン! キヲツケテネ~。 (信号が)アカダネ~!!」
と大声で叫んだらしい・・・。

私 「その人と周りの人どうしてた?」

ランちゃん 「すごく笑ってくれた

私 「ふ~ん。良かったねぇ。(心の声:私はその場にいなくて良かった)」

ご満悦のランちゃんでしたが、
いきなりランちゃんにお父さんと言われた方はびっくりした事でしょう。

ランちゃんとのなれそめ2

ランちゃんとのなれそめの続きです。

英語の勉強に必死になっていたそんなある日、
チュータリングセンターの順番待ちでランちゃんと偶然一緒になりました。

チュータリングセンターとは、学校の授業でわからないところを教えてくれたり、
課題を提出する前に英語の文法チェックをしてくれたり、とってもありがた~い
所なのです。

その頃の私は、「日本人以外の友達をたくさん作りたい
「英語をしゃべる機会をもっと作りたい」気持で燃えていました。

だって、ハワイは日本人だらけで、下手するとクラスの外では
あんまり英語しゃべらなくても済んじゃいそうな勢いだったんだもん

なので、ランちゃんとの世間話にも熱が入っていたかもしれません(笑)
会話が盛り上がってきた頃にチュータリングセンターの順番がきてしまいました。

そこで、英会話練習ができる(←ここが大事)いい友達を離しちゃいかん!!
ってことで、
「後で一緒にランチしよーぜー」と誘ったのです。

それが、めめことランちゃんの初デート

後になってその時の事をランちゃんと話すと、
「めめこから誘ったんだよね~。あの時から俺のこと好きだったんだろ~

・・・いや、ちがーううっ
・・いや英会話の練習相手としては、興味あったけどさ。

まあどちらにしても、あの時わたしがランチに誘わなければランちゃんと
結婚することもなかっただろうし、人生とは面白いものです。

ランちゃんとのなれそめ

今日はランちゃんとのなれそめ
ちょっと書いてみようかと思います。

ランちゃんと出会ったのは、常夏の島ハワイ
バケーション先での恋と言いたいところだけど・・・
学校が初対面の場所でした。

その頃の私は、
大好きなハワイで長く住みたい→
→長く住むにはグリーンカード(永住権)が必要→
→ナースならグリーンカードがとれる→
→じゃあアメリカでナースの資格をとろう!
っていうかなり短絡的な計画のもと
ハワイに渡ってすぐのころです。


ランちゃんも同じ大学の大学院にビジネスを勉強しにきた留学生でした。
ある試験を一緒に受けたのが最初の出会い。

最初の印象は、スウェーデン人って白人で青い目の人ばっかり
(うわ~思いっきりステレオタイプ思考ですね)だと思ってたけど
いろんな顔の人がいるのね。(ペルシャ系というのは知らなかった)ってくらい。

向こうも私を無視して、言葉が通じる北欧人とばっかり話しててまったくお互いに接点なし。
校内ですれ違えば挨拶をする程度の関係が数か月つづいたのです。

つづく

 | HOME | 

FC2Ad

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

めめこ☆

Author:めめこ☆
めめこ
ちょっとシャイな
茨城県出身。
この世で一番好きな食べ物は
刺身とスイカ。
スウェーデンでも食べられるのかなあ・・

ランちゃん
めめこの夫。
120%ポジティブな性格。
口から生まれたであろう、
おしゃべり大好き人間。
“Life is Beautiful”が座右の銘。

めめ太
めめことランちゃんの長男。
2009年夏生まれ

ポン
めめことランちゃんの長女。
2011年1月生まれ

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


スウェーデン子育て日記

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。