めめこのつぶやき@Sweden

スウェーデンでのんびり暮らしているめめこです。日常生活やスウェーデンでの仕事、育児などマイペースにつづって行きたいと思います。

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3つ目の実習と日本人飲み会と

昨日は、一年ぶりのスウェーデンで働く日本人医療従事者の集まりでした。

とっても洒落た日本食レストランで、お料理も美味しかったし、何しろ日本語でワイワイとおしゃべりできて本当に楽しかった♪
職種も看護師ばっかりじゃなく、医師、歯科医師、管理栄養士、看護助手、検査技師といろいろな職種の方が来られてました。昨日来られなかった方で他の職種の方もいるので、スウェーデンで日本人病院開けるかも??なんて。

さてさて、学校の方は今は3つ目の実習を中央手術室でやっております。今回の指導についてくれてる看護師がものすごくいい人で、いろんな事を結構自由にやらせてくれるので、実習が楽しい!!やっぱりお腹の手術は楽しい!(って表現があれですが…)ここで働きたいわあとしみじみ思いました。

今週末に手術室の師長さんと就職の話をする予定なので、ちょっとドキドキ。給料交渉は苦手なのだけど、ちょっと頑張ってプッシュせねば。
スポンサーサイト

頑張れ!

はあ。来週末試験があるのに全然やる気がおきませね。

あー勉強しなくちゃ、勉強しなくちゃと心で焦りながら、勉強したくないと現実逃避。常に気にはなってるから心は休まらないのねん。

ああ頑張れ私。

学校の方は、脳神経外科手術室での実習が来週で終わり、再来週から中央手術室での実習が始まる。

脳神経外科、結構楽しいかもと思った。

顕微鏡を使った手術が多くて、手術器械を優しくかつ確実に(術者が顕微鏡から目を離さなくても器械を受け取れて、持ち直したりせずにそのまま使えるように)渡すのができると嬉しい

人手が足りないようで、プログラムが終わったら働かないかと声をかけてもらったけど、(どこも人手不足なのでどの学生も声をかけられるよう(笑))もっと一般的な手術分野から始めたい気もあり、中央手術室を見てからから希望を考えようかな。

とりあえずは試験勉強じゃ!
頑張れ!と自分に喝。

実習とノーベル賞と

先々週から待ちに待った(?)実習が始まりました。整形外科の手術室での4週間の実習です。

日本で手術室で働いてたのはわずか2年しかも15年以上前の話なので、何もかも新鮮で興味深い。

日本では手術室で勤務するのに特別な教育プログラムを受ける必要はなく、普通の看護師免許でオッケーですが、
スウェーデンの手術室看護師は1年の専門看護師のコースを受ける必要があります。
このコースを終了すると、Magisterという学士号と修士号の中間にあたる学位がもらえます。
Mgisterはスウェーデン特有の学位なのかなあ?日本とかアメリカにはないですよね?

今回の実習は4週間。ドレーピング(患者さんに滅菌シーツをかけて手術する場所だけを露出する作業)に苦戦してます。
昔働いてた病院では、ドレーピングは外科医がやっていたので、ただシーツを渡してれば良かったけど、
一人で患者さんの皮膚を消毒して、シーツをきれいにかける(と言うよりは余計な部分に触らないようにしながら貼り付ける)
のは私にとって難しい…。
しかも整形の手術毎回手術するからだの部位が毎回異なるので余計難しいです。

驚いたのが、ほとんどの手術は外科医が一人だけでやってるってこと。(他の科はわかりませんが)
先日人工関節置換の手術に入ったのですが、それも外科医は一人だけでした。
そうなると、器械出しについてる看護師は手術自体のアシスタントもしながら器械だしもしてってすごいマルチタスク!
私にできるようになるんだろうかって不安になったわ。

そういえば、先日絶対落ちると思った病態生理学と薬理学の試験、なんとかパスできました。
病態生理学なんか、0.75点差でなんとかギリギリの合格でした。
いいんです。可は可だから。追試が免れただけで御の字です。


ところで、ノーベル賞の季節ですね。
今年は北里大学の大村先生が受賞されて、卒業生の私としては本当に誇りに思います。
北里すごいじゃーん。(いや、大村先生がすごいんですね)
明日カロリンスカの大学で講演があるそうで、行きたかったなあ。
実習サボって行っちゃおうかしら。

Tenta

8月の終わりから始まったオペ室ナースのコースとにかくテンポが早く内容が盛りだくさんで息切れしてます(汗)

今日は薬理学と病態生理学のtenta(試験)でした。病態生理学、一歩突っ込んだ細かい細胞レベルの話が沢山出てきたので頭が拒否反応を起こし情報シャットダウンしてしまって、あやふやなまま試験に臨む結果に…

割と試験の後これは大丈夫かなと手ごたえを感じることが多いけど、今回は分かんないなあ。思わず追試の日程を確認してカレンダーに書き込んでしまった(笑)

10日程で結果が出るのでもう待つしかない。ああでも追試になったら嫌だなあ~。

いつも思うのだけど試験をしてるとみんなさっさとやって時間の前に出てっちゃうんだよね。最後まで粘る私は少数派。みんなものすごくできるのか、諦めがいいのか。中学高校と試験の時は時間がある限り見直ししろと叩き込まれた私は、よっぽど自信がある時でないと終了時間前に出て行くことなんてできないわ。

来週からはいよいよ周術期看護の講義山盛りプラス4週間の実習になります。またまた息切れしそうな勢いのスケジュール。

来週からは仕事を完全にお休みにしてもらったので、勉強の方に集中できそう。でも仕事に行けないのは寂しいなあ。

今日は職場の飲み会なので試験のことは忘れて楽しんできます^_^

お疲れ気味

暗礁に乗り上げていたオペ室ナースのプログラムですが、
結局必要だった書類は締切の2日遅れで届き間に合いませんでした。

それでもスウェーデンの夏休み中の仕事にしては早い!とちょっと感動してしまった(笑)
とにかく仕事よりもバケーションが大事だからね。

まあ書類は間に合わなかったんですが、とりあえずプログラムを始める資格はあるという有難い判断でこの秋学期から始められる事になりました。

このプログラム、インターネットベースで絶対出席しなければならない日数が
限られているので、まあ仕事を80%くらいに落とせばなんとかなるだろうと
なめてかかってたのが大間違い。

最初の課題から追い込まれてます(笑)

睡眠時間を削って勉強してるとやっぱり体が疲れてしんどい。
なんか体の芯から疲れてるって感じ。

仕事もなんかこういう時に限って体調の思わしくない患者さんが沢山いて
仕事の間中駆けずり回っている日が続いてるような…

もう少ししたら仕事を50%に下げて、さらに実習が始まったら週末だけポツポツと
働かせて貰えるように頼んでる所なので、そうしたらもう少し余裕ができるかな。

でもこうやって希望に合わせて仕事の量を調節させてもらえるだけでも本当に有難い。
もちろん今勤めている病棟に直接貢献できるプログラムでないので、休んだ分の給料は出ませんが、これがもし勤めてる病棟に直接関係するプログラムだったら、お給料もらいながら勉強できるんですよ。しかも大学は学費無料だし。本当に恵まれている国に住んでいる事に感謝。

ああブログかいて現実逃避してる場合じゃないわ。
でも勉強したくない…(笑)





 | HOME |  次頁へ移動する»

FC2Ad

 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

めめこ☆

Author:めめこ☆
めめこ
ちょっとシャイな
茨城県出身。
この世で一番好きな食べ物は
刺身とスイカ。
スウェーデンでも食べられるのかなあ・・

ランちゃん
めめこの夫。
120%ポジティブな性格。
口から生まれたであろう、
おしゃべり大好き人間。
“Life is Beautiful”が座右の銘。

めめ太
めめことランちゃんの長男。
2009年夏生まれ

ポン
めめことランちゃんの長女。
2011年1月生まれ

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


スウェーデン子育て日記

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。